Tel : 011-280-7777

月~金 9:00-13:0014:00-17:00 土日・祝祭日 休診

診療時間
札幌大通リウマチ内科の診療内容について Medical Service

カテゴリ:リウマチ科

リウマチQ &A

リウマチって何ですか?

関節が痛くなる病気です。痛みが続くと骨が変形することがあります。膠原病の1つで、自己免疫が原因となります。

最初にどんな症状がありますか?

最初の症状として「こわばり」が出ることが多いです。朝につよく、「朝のこわばり」という言葉もありますが、ひどい場合は一日中続きます。関節痛は手の指や手首に多いですが、足の指や肘、膝、肩などにも出ます。腰や首にはきにくいです。また、関節の腫れが出ることがあります。突き指したように関節が腫れます。

人にうつるんですか?

人にうつる病気ではありません。

遺伝するんですか?

多少の遺伝の要因はありますが、遺伝と関係なくリウマチになる方がほとんどです。

どんな検査がありますか?

実際に関節をさわって、適切な診察が基本です。それに加えて血液検査、レントゲン、関節超音波検査などで診断がつきます。

血液検査でリウマチと言われました。

血液検査のみでは本当にリウマチなのかはわかりません。関節症状をしっかり診察し、画像的な検査も踏まえて総合的な判断が必要です。

リウマチ因子陰性だけど関節が痛いです。

血液検査のリウマチ因子が陰性でも、関節痛があればリウマチの可能性があります。この場合が最もリウマチ専門医の腕の見せ所です。診察所見や画像検査などで総合的な判断が必要です。

リウマチは治るんですか?

昔は治らない病気の代表でしたが、最近は新薬が開発され寛解という痛くない状態にすることができる時代です。そういう意味で治る時代になったと言えます。

薬はいつまで続けるんですか?

何らかの薬は続けることになります。まずは痛い所がない寛解という状態にします。そうなれば人によって薬を減らしたりすることが出来ます。生物学的製剤の中止の検討を始め、薬の強弱はつけられますが、全てのリウマチの薬を中止するとほとんどの方が再発してきます。新薬が開発され、薬を中止しても大丈夫な時代になるよう期待したいです。

最新記事

カテゴリ